ぱんだかえるひよこ

心臓病&元医療的ケア児の通院と療育のことなど

【細菌性肺炎】心臓病児入院記録【無気肺】①

7days ago 熱が出たが受診せず様子見する

 

土曜の夕方に38.5の熱を出したので、生まれたときからお世話になっている病院へ連絡しました。娘は慢性心不全があるので、循環が悪くなる前に病院に診てもらったほうがいいのではないかという判断です。

熱と咳と鼻水があり、浮腫みはないこと、おしっこはちゃんと出ていることを伝えました。これから救急車が来るので待たせられること、救急センターに行って入院の必要があるか受診しては?と提案されました。娘は熱だけで割と元気があり、心不全の兆候も見られないので家で様子見することを決めました(本当に元気だったんです)

 

熱は翌日日曜日には下がり、その翌日月曜には訪看さんが来てバイタルを測ってくれました。異常はなかったものの一応循環器科の主治医に連絡してもらったところ、熱がまた上がるようなら連絡をということでした。娘は元気なのでまだ様子見します。

 

木曜日ごろから食欲が落ち始めました。ご飯を少しだけで、アイスクリームしか食べない感じです。元気はありました。

金曜日は訪問リハビリと看護がありました。spO2はこの日まで正常値(96~99%)でした。

 

 

Day1 発熱したので休日外来へ

また次の土曜日、なんだか娘の動きが鈍いです。食欲はないままで、予定がないこの日もいつもほど食べません。

午前12時に熱を測ったところ37.5でした。嫌な予感がする…

午後3時、息子(娘のおにいちゃん5歳)と娘が同時に昼寝します。娘の体がなんだか熱い…と計ると38.1

 

先週のことがあったので訪問看護ステーションに相談の電話をします。

様子を見てもいいけど、気になるなら病院に電話かけましょうか?

と言ってもらえたので、病院(いつもかかっているところ)に連絡をお願いしました。

 

病院側の都合で連絡に時間がかかり、病院に行くことが決まったのが1時間後。ちょうど連絡した夫が帰ってきたので、息子を叩き起こし、自家用車で病院に向かいました。

休日外来には私と娘だけで行くことになり、息子は旦那が見ることに。入院になれば義実家に預ける暗黙の了解があるのでこの辺りの連携はスムーズです。

 

休日外来ですぐに診察室には通されますが、他にも緊急で来ている子がいるので多少待たされます。しばらくしてやってきた医師に先週までの経緯を話し、熱がまた上がったことと元気がないので訪問看護から連絡してもらったことを伝えます。看護師さんにバイタルを測ってもらうと熱は37度台に下がっていました。しかしspO2が94~95%から上がりません。

 

ひとまずルート(点滴のこと)をとって採血とレントゲンの検査をすると医師は言いました。その結果で入院するか帰宅していいかを決めることになりました。

他の医師の準備があるので待たされ、娘がルートをとる間待たされ、レントゲンの準備ができるまで待たされ、結果が出るまで待たされます。休日は人手が足りないのでとにかく待たされます。よっぽどのことがない限りは来たくないなぁと思いました。

 

 

 

結果が出ました。白血球や炎症の値が高く肺炎になっていて、一部無気肺(肺の一部に空気が入っていない)になっているそうです。抗生剤でしっかり治療をしたほうがいいので入院が決まりました。

 

こういう時の入院はいつも感染の病棟になります。廊下には七夕の笹が飾られていました。

部屋のベッドに娘を寝かせ、尿検査も無事に済ませ、私も寝ようかと思っているところに看護師さんがやってきます。

サチュレーションが低いようなので、酸素入れるかもしれないしカニューレつけときますね

なんと、4月に酸素離脱して以来久々のカニューレ装着です。

ちょっと不安になりながらこの夜はぐっすり眠りました。

 

病院にいる限りは絶対安心です

付き添い入院では体力大事に、眠れるときに眠りましょう

看護師さんが2時間おきに巡回してくれるから大丈夫です!!

 

結局入院期間は5日でした。

長くなるのでここでいったん切ります。