ぱんだかえるひよこ

心臓病&元医療的ケア児の通院と療育のことなど

肺炎・無気肺入院記録②

こちらの記事の続きです。

 

反省 急な入院への準備が足りなかった

 

入院になるかもしれないと予想したので、前回入院に使ったバッグ(必要なものも入れてある)を玄関に置いて、入院が決まった夜夫に持ってきてもらっていました。

朝になって中身を確認してみると足りないものがたくさん!別のバッグに入れていたり、服に関しては冬物ばかりでした。衣替えのシーズンには入院セットも確認するの大事です…(というか病院空調効いてるから、付き添い入院には半袖でもオールシーズンいけるよね)

 

付き添い入院で一番重要なもの、それは親の食べ物。前回の検査入院で余ったレンチンご飯とフリーズドライのみそ汁を入れていたのは上出来でした。しかしお椀がないので後から夫に持ってきてもらいました。

(入れっぱなしにできるプラ製容器を今度100均で買ってこよう)

 

入浴セット(トラベル用シャンプーなど)は隙を見つけて病院の外のコンビニで買いました。毎回買うとそれなりの出費になるので、入院用バッグやポーチに入れておきたいものです。

f:id:aoyamarii:20190723152554j:image

ちなみに今ポーチの中身を確認したところ、

  • ボディーソープ
  • シャンプー
  • 洗顔
  • 化粧水と乳液
  • 歯ブラシ
  • ブラシ
  • 食器洗い洗剤とスポンジ
  • 下着
  • サージカルテープ少し

が入っていました。ご参考まで。

 

 

Day2 悪化しなくてよかった

 

 

朝起きて看護師さんに聞いたところ、そこまでspO2が下がらなかったので酸素吸入はしなかったそうです。娘が嫌がるカニューレはすぐに外しました。できるだけパルスオキシメーターはつけていないといけませんが、起きた娘は外したがって困ります。熱は平熱まで下がり、spO2は94〜95%でした(正常値は96%〜)

1日4回の吸入が必要なので、ネプライザーが運び込まれました。この薬(名前は忘れました)をしっかり吸うことが無気肺の治療になるそうです。また1日4回点滴から抗生剤が注射されました。

 

前日の夜は食べ損なったものの、この日は朝から食事が出てきました。離乳期完了食を5mmきざみで出してもらいましたが、朝ごはんはロールパン…なんとかかじらせて1/3ほど食べさせました。朝はそこまで食欲がありませんでしたが、昼からは食べる量が増えていきました。

 

 

1〜2歳児のネプライザー吸入の仕方

 

喘息の時などでおなじみのお薬の吸入、肺炎と無気肺の治療にも使いました(薬の名前は不明)ネプライザーを使うとモクモク出てくる煙を吸うだけと簡単ですが、イヤイヤが激しい1〜2歳児には5分薬を吸わせるだけでも大変です

押さえつけても嫌がるだけなので、好きな遊びに集中させている隙に吸わせましょう。娘は本をパラパラめくるのが好きなので、病室についている説明ファイルを触らせて吸入しました。

おもちゃよりも、普段触らないもののほうが食いつきがいいです。3分もてば後はイヤイヤと戦いましょう。薬をしっかり吸うのが大事です。

 

 

付き添い入院、親は何を食べる?

 

付き添い入院永遠の課題はその日の食事をどうするかです。朝と昼は前の日夫が買ってきたコンビニおにぎりを1個ずつ食べました(前日夜は売店で買ったカップラーメン)他に娘が残した病院食を食べますが、夕方になるとお腹がすいてきます。

 

昼間、娘が昼寝してる間に病院を抜け出して(病棟の看護師さんに買い物に行くと伝えましょう)コンビニでいろいろ買います。病院の売店でもいいのですが、前に3ヶ月付き添い入院をしてすっかり飽きているので別のコンビニへ。食べ物が充実しているのやっぱりセブンイレブンです。

 

 

こちらで買ったサラダチキンバー、小腹が空く夕方4時ごろのおやつにぴったりでした!カロリーは低いけど、タンパク質があるので満足できる感じです

 

夕飯はレンチンご飯とみそ汁セブンイレブンで買ったネバネバサラダで十分でした。

他にもレトルトのハンバーグやラタトゥイユなどを買っておくと捗りました。

 

まとめ

この日は日曜日だったので、淡々と吸入→食事→お薬→抗生剤注射とこなしていくうちに1日が終わりました。注入は2回なので15時と20時にしました。医師は午前と午後に回診で来たようです(午後は私がいない時間だった)

付き添い入院に慣れきっている医療的ケア児の母なので、家よりは楽だと思うくらいです。これが健康なのが当たり前の親子なら急な入院で疲弊するのにね…

幼稚園児の息子も次の日は幼稚園ですが、夫には普段から幼稚園対応をお願いしてるので最低限の連絡で済むので助かります。

このブログを読んでる人で子どもがまったくの健康優良児って方は少ないと思いますが、もしいらっしゃったら付き添い入院に備えて考えておくいい機会かもしれません。災害よりは遭う可能性が高いです。

 

病児がいる方は是非、入院セット見直してみてくださいね(*`・ω・´)

 

続き