ぱんだかえるひよこ

心臓病&元医療的ケア児の通院と療育のことなど

2020.03 外来受診とCOVID-19について思うこと

 

前回の外来受診はこちら。

 

 

計測と血液検査と

 

ちょいちょい呟きながら病院内をちょろちょろする娘の後を追います。絶対にじっとなどできません。総合受付や循環器の受付周辺は人が多いので避け続けた結果、レントゲン室の前が人少なくて娘にちょうどいい絵本もあって穴場でした。

 

そういえば地域連携室の看護師さんに会いました。今月で退職するらしく、最後に会えてよかった、歩いている姿を見せられてよかったとお話しました。春は別れの季節ですね。そして出会いもあるはず!

 

 

 

診察室にて

 

前回の心臓MRIの結果としては、大きく悪くなった点はなかったと言われました。というか元々悪いんですよね…今年中にまたMRIを撮りましょうと言われました。

カテーテル検査じゃなくていいんですか?」

MRIでいいです」

 

 

話題の新型コロナウイルス(COVID-19)についても聞いてみました。

「今話題ですけど、インフルエンザと同じと考えていいですよねぇ?」

「そうですね。なぜか子どもは重症化しないと言われてますしね」

「あれなんででしょうね。不思議ですねぇ」

 

 

世間話になってしまった\( ˆoˆ )/

 

 

しまった私の聞き方が悪かったです…「この子にとってはどのくらいのリスクなんでしょうか」と聞くべきでした。先生楽観的に考えてるのかそれどころじゃなくお忙しいのか、まあ元々感染には気をつけてるよねって分かってくれているのか、さほど脅威に感じていない雰囲気でした。

 

 

COVID-19の流行に思うこと

 

さて話題のウイルスは日本中で猛威を振るいかけているようです。おそらくここから2週間でもっと増えてくるだろうなと感じています。中国やイタリアのように医療崩壊を起こしてもらいたくないのが一番の願いです。この地域で医療が崩壊したら、娘のように定期的に通院している子は命に関わります。

 

 

このブログを読んだ人は正確な情報収集に努めてください厚労省も私が住んでいる自治体もウェブサイトを細かく更新しています。

もっと的確な行動を知りたい、自分がどうしたらいいのか分からないとパニックになった人は一度落ち着きましょう。Twitterの情報で不安になるくらいなら離れる方がいいです。

 

 

【ここからは私の個人的な意見です】

ここ数日で患者数がぐっと(東京ほどじゃないにしろ)増えました。外出自粛要請が出てもおかしくないなと感じています。元々外出は自粛していますけど(食料品の買い物と公園のみ)状況によっては娘を家から出さない判断も必要そうです。

 

娘がかかって重症化するリスクがいかほどなのかわかりません。もしまた、人工呼吸器やECMOが必要な事態に陥ったらと考えただけで気が狂いそうになるんです(心臓病児の親御さんなら同じことを感じていますよね?)

いつも通りの生活も、子どもの発達に必要な経験も大事です。入園入学、子どもの新生活のはじまりは2週間後のこと。この2週間が、日本が中国やイタリア(もしかしたらアメリカも?)と同じ状況になるのかの正念場ではないのかと思うのです。

無事に新生活、新学期がはじまったよと報告できるように、この2週間できる限りのことをしましょう。まずは手洗い、外出を最低限に、調子が悪かったら出歩かない

持病を持つ子どもたちのために頑張りましょうね。