ぱんだかえるひよこ

心臓病&元医療的ケア児の通院と療育のことなど

2020.05 外来受診(循環器科)

 

motherrii.hatenablog.com

 前回の受診はこちら。

心不全が悪化しているため利尿剤が増え、一通りの検査をする予定です。

さてどうなる!?

 

 

緊急事態宣言解除から1週間の病院

 

前回と同じように朝一で病院に入りましたが、きちんと入り口で問診が行われていました。

 

  • 新型コロナウイルスの感染者との接触がなかったか
  • 家族がPCR検査の陽性になったり自宅待機になっていないか
  • 30日以内の海外渡航歴や県をまたいだ移動がなかったか

など口頭で確認して、チェックの書類を渡されました。

体温は外来の各受付で測ることになったようです。

 

まずは総合受付の受付機に並びましたが、先月よりは人が多く感じられました。あまり列の間隔が取られていないような…そして並んでいるのにどこかへ行く娘…

 

受付を覆っていた長いビニールのカーテンはプラスチックの覆いになっていて、先月より洗練された印象です。待合のソファーも配置が変わっていました。

面会禁止は少し緩和されてまだ続いているようでした。娘のように長く入院している子がいなければいいのですが…

 

 

採血

 

循環器の受付で熱を測った後、処置室で採血してもらいます。

娘は座って採血されるほうに案内されましたが「寝かせたほうが…」とこちらから言いベッドのほうで採血してもらいました。

もしかしたらそろそろ座ってでも採血できるのでしょうか…?

 

 

計測とバイタルチェック

 

なぜかギャラリーの多い測定室でした…学生さんではなかったようなのになぜ…

身体測定はいつも服を着ての計測でしたが、この日は服を脱ぐよう言われました。そうでなくても減っている…

 

バイタルチェックは大人しく受けられるので褒められる娘です。

 

 

心電図とエコー

 

 

motherrii.hatenablog.com

 

3歳なりたての頃にチャレンジして失敗した鎮静なしの心電図エコーですが、今回鎮静ありで覚悟して行ったところ指示には入っておらず、こちらからも何も言わなかったところ起きた状態で検査を受けることに成功しました!!

おかげで時間も短く済み、寝かしつける苦労もなくなったので労力が減りました。

その代わり検査を受けている間はそばにいて手を握ったりしました。娘はいないないばぁっのDVDを見ていました。楽しくなると足が上がってくるのでエコーの先生を困らせていましたw

 

 

NHKDVD  いないいないばあっ!  ピカピカブ~!

NHKDVD いないいないばあっ! ピカピカブ~!

  • 発売日: 2020/03/18
  • メディア: DVD
 

最新作のリンクを貼ってますが、娘が見たのはことちゃんとゆうなちゃんの時代ですw 

 

また一つ、お姉さんになりました。

 

 

レントゲン

 

レントゲンで服を脱ぐときも立ったままで済み、撮影も座った状態でできるのでずいぶん楽になりました。

 

このあと30分ほど待機します。絵本のコーナーに行ってみたり、ひたすら人の少ないところを歩いてみたり、最後はNHKキッズのアプリに頼ったりしました。

 

 

診察

 

3月に300、4月に500と上がっていたBNP心不全の重さが分かる値)は200に下がっていました。利尿剤がきいたのかもしれません。

エコー検査の結果、大きな異常はありませんでした。心臓機能で気になるところがあるのでまたMRIをとることになりました(もともと半年ごとにとる予定でした)

心臓機能を慎重に見ていきましょう」と主治医は言いました。

また聴診で「なんか痩せました?」と気づかれたので体重を増やすのも頑張らないとなぁと思いました。「家から出てないので食欲があまりなくて…」と言い訳しておきました。

 

利尿剤継続で次の月に血液検査、その次の月にMRIの予定が入りました。

 

 

おわりに

 

娘の病気のことは、発達の遅れを除けば心臓機能だけの問題です。術後負ってしまった障害に対してはもう取り消しようがないし、今元気に歩き回っていることが奇跡のようだと受け止めています。先はいくらでも悲観できますが、これまでたっぷり悲観したのでもうやめます処方された薬をきっちり飲ませて、大人の体と心を手に入れるまで支えるのが私の目標です

 

…先月も似たようなことをつぶやきましたね。

 

療育園は分散通園がはじまりました。これも先は見えませんが、何度か娘を預けられたのは純粋に良かったなと思っています。

昼の薬の件も書類を書いて看護師さんに飲ませてもらえることになりました

また何か重篤な事態が(地域の感染状況とか、娘の心臓とか)起こるのかもしれませんが、今まで積み上げたものを細く長く続けていければと思います。

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。