ぱんだかえるひよこ

心臓病&元医療的ケア児の通院と療育のことなど

2020.09 外来受診(循環器科)

 

motherrii.hatenablog.com

 前回の受診はこちら。

 

 

少しだけ落ち着いた様子の外来

 

7月8月と新型コロナウイルス感染症の第二波で慌ただしい感じの病院でしたが、今月は落ち着いた印象を受けました。入り口の看護師さんの問診もある程度慣れた感じがしてきたし、患者家族もそろそろこの感染チェックに慣れてきたところがあるのでしょう。

県内の新規患者数が10人からさらに少なくなってきました。病院関係者が1人陽性になった以来陽性者は出ていません。このまま落ち着くことを願うばかりです。

 

採血に時間がかかって泣く娘

 

採血は今回も座って採ることができましたが、娘の手を抑えている看護師さんが新人さんなのか不慣れな様子。最初に針を入れたところが抜けてしまい、反対の腕から採ることになりました。

2回目のチックン。泣く娘。お母さんその気持ちわかる。

とりあえず頑張ってもらいたいので「終わったらお菓子買おうね」と物で釣りました。

看護師さんも「ご褒美のシール3枚持って行っていいよ!」

来月は一発で取れたらいいなぁと思いました(´・ω・`)

 

ところであまり手慣れていないほうの看護師さんは新人さんだったのか、次の行先の案内も間違えていました。こちらも慣れているので確認せずに正しい順番で行きましたが、彼女の勉強のためには確認したほうがよかったかな…?

 

娘は次の計測に行く前に売店でお菓子を買って泣き止みました。

 

 

計測・レントゲン

 

計測は相変わらず血圧が低めに出たのですが、「先生が血圧低くしているって言ってました」と2回目の計測値で出してもらったんですが、さすがに上40は低かったですね。あとで主治医に脈確認されてました。

服を脱いで計測するのもスムーズになってきました。

 

レントゲンも私から離れて技師さんの指示に従うのでやりやすくなってきました。

 

 

診察

病院内をぐるぐる回っているうちに診察で呼び出されました。

 

私が先生に「おはようございます」と言うと、娘も「おはようございます」と舌足らずに言ってお辞儀をしました。

「ずいぶん感じが変わりましたねー」と主治医は嬉しそうに言いました。

 

血液検査の結果、先月新しく追加した薬がうまく効いているので、このまま続けようとのことでした。心臓機能がよくなるよう頑張りましょうと言われたので、悪くなっているのは事実なんだなぁと少しちくりとしました。

 

娘は先生に「あーとー」と言って何度もバイバイをして診察室を出ました。ここ数か月でどんどん人とコミュニケーションをとるのが上手になっています。

この日は療育園をお休みしたけど、毎日通っている効果がすごく出てきています。

なるべく現状維持で、入院せずに日常を送っていきたいです。

 

 

次の予約は?

 

1か月後に眼科・歯科・循環器科です。2日療育を休まないといけない…

あと近所のクリニックでインフルエンザの予防接種受けないとですね。

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございました!